うつと「ファクトフルネス」ハンス・ロスリングさん

うつと「ファクトフルネス」ハンス・ロスリングさん

うつで辛い、苦しいあなたへ・・・HIDEです。

今回は「FACTFULNESS」→ファクトフルネスという本を紹介したいと思います。

直接うつで苦しんでいる方向けに書かれた本ではありませんが、

うつの方にとってヒントになる部分があればと思いました。

うつの症状が軽い方で、本を読むことが苦しくない方は、この本を読んで

知識として持っていても損はないと思います。

ファクトフルネスの意味は「事実に基づいて世界の現状を正しく見ること」

本の中では「データを基に世界を正しく見る習慣」と書かれています。

さっそくですが、本の中からいくつかクイズを出してみます。

答えをA、B、Cの中から一つ選んでください。

1.現在、低所得者に暮らす女子の何割が、初等教育を修了するでしょう?

A.20% B.40% C.60%

2.世界で最も多くの人が住んでいるのはどこでしょう?

A.低所得国 B.中所得国 C.高所得国

3.世界の人口のうち、極度の貧困にある人の割合は、過去20年でどう変わったでしょう?

A.約2倍になった

B.あまり変わっていない

C.半分になった

4.世界の平均寿命は現在およそ何歳でしょう?

A.50歳 B.60歳 C.70歳

5.15歳未満の子供は、現在世界に約20億人います。国連の予測によると。2100年に子供の数は何人になるでしょう?

A.40億人 B.30億人 C.20億人

6.国連の予測によると、2100年には今より人口が40億人増えるとされています。

人口が増える最も大きな理由は何でしょう?

A.子供(15歳未満)が増えるから B.大人(15歳から74歳)が増えるから C.後期高齢者(75歳以上)が増えるから

7.自然災害で毎年亡くなる人の数は、過去100年でどう変化したでしょう?

A.2倍以上のなった B.あまり変わっていない C.半分以下になった

8.世界中の1歳児の中でなんらかの病気に対して予防接種を受けている子供はどのくらいいるでしょう?

A.20% B.50% C.80%

9.世界中の30歳男性は、平均10年間の学校教育を受けています。同じ年の女性は何年間学校教育を受けているでしょう?

A.9年 B.6年 C.3年

10.1996年には、トラとジャイアントパンダとクロサイはいずれも絶滅危惧種として指定されていました。

この3つのうち、当時よりも絶滅の危機に瀕している動物はいくつでしょう?

A.2つ B.ひとつ C.ゼロ

11.いくらかでも電気が使える人は、世界にどのくらいいるでしょう?

A.20% B.50% C.80%

どうでだったでしょうか?正解はこのブログの最後の方で紹介します。

気になる方がほとんどだと思いますので、答え合わせをしてみてください。

私はほぼ全滅でした。いかに、世界のことを知らないと実感したと同時に、

自分の思い込みは怖いなあと感じました。

ここからは、本の中でみなさんにとってヒントになる文章を

見ていきたいと思います。

・優秀な人たちでさえ、世界のことを何も知らないようだ。何も知らないというより、

みんなが同じ勘違いをしているといったほうが近いかもしれない。

・ほとんどの人が、世界は実際よりも怖く、暴力的で、残酷だと考えているようだ。

・間違いには誰にでもある。

人々に染み付いた考え方を変えるのはとても難しい。そして、その原因は脳の機能にある。

・人々に染み付いた考え方を求めすぎるあまり、ありのままの世界をみることはできない。

何が正しいのかもわからないままだ。

・世界の国々や人々が「金持ちグループ」と「貧乏グループ」に分断されているという思い込みも、

分断本能のなせるわざだ。

※分断本能→人はだれしも、さまざまな物事や人々を2つのグループに分けないと気がすまないこと。

・「金持ち」対「貧乏」という、世界を間違った枠組みで分けてしまうと、頭の中にある

世界のイメージが隅々まで歪められてしまう。その他にも、「途上国」や「先進国」

「貧しい国」と「豊かな国」、「西洋諸国」と「その他の国々」、「北国」と「南国」、「低所得」と「高所得」

という言葉も使われる。その言葉が「あの人たち」と「わたしたち」というイメージを植え付け、

現実に根ざした意味を持っている限り、どんな言葉を使うかはさして重要ではない。

・あなたの意見は、根も葉もないただの感情論ですよ。知っていると思い込んでいるだけで、

本当は印象に流されているだけですよ。

・人は誰しも、物事のポジティブな面より、ネガティブな面に注目しやすい。これは、

ネガティブ本能のなせるわざだ。

・ネガティブ本能もまた、世界についての「とんでもない勘違い」が生まれる原因になっている。

・金融システムや環境、そして世界の平和を守るには、人々が「事実に基づく世界の理解」を持ち、

国の枠組みを越えて協力することが大切だ。だからこそ、世界についての知識不足が蔓延している

現状は変えなければならない。

世界についての暗い話はニュースになりやすいが、明るい話はニュースになりにくい。

・人々が「世界はどんどん悪くなっている」という思い込みからなかなか抜け出せない原因は

「ネガティブ本能」にある。ネガティブ本能を刺激する要因は3つある。

1.あやふやな過去の記憶

2.ジャーナリストや活動家による偏った報道

3.状況がまだ悪い時に、「以前に比べたら良くなっている」と言いづらい空気。

・多くの人は、上の世代が経験した悲惨な出来事から目を背けがちだし、それを

下の世代に伝えようともしない。

・世界はいつだって悪いニュースのオンパレードだ。

・いま起きている悪い出来事に人々の目を絶え間なく惹きつけるのがニュースというものだが、

悪い出来事ばかり目にしていれば、誰でも悲観的になる。加えて、思い出や歴史は美化されやすい。

・「世界はどんどん悪くなっている」と考えれば不安になり、希望も失いがちになる。

でも、それは思い込みに過ぎない。

・「世界がどんどん悪くなっている」という人は、実はあまり深く考えておらず、

なんとなく感じているだけだ。

・ネガティブ本能がもたらす悪影響のうち、おそらく最もたちが悪いのは希望を失うことだ。

理想を現実化したければ、ばかげた勘違いのせいで希望を見失わないようにしよう。

・世界の今を理解するには、「悪い」と「良くなっている」が両立することを忘れないようにしよう。

・ネガティブ本能を抑える方法のひとつは、悪いニュースの方が広まりやすいと気づくこと。

めったに起きないことのほうが、頻繁に起きることよりもニュースになりやすい。

こうしてわたしたちの頭の中は、めったに起きないことの情報で埋め尽くされていく。

注意しないと、実際にはめったに起きないことが、世界ではしょっちゅう起きていると錯覚してしまう。

過去をきちんと学べば、昔に比べたら、今がどれだけ恵まれているかに気づくこともできる。

・ゆっくりとした進歩はニュースになりにくい。

・悪いニュースが増えても、悪い出来事が増えたとは限らない。

・美化された過去に気をつけよう。

・生きるのに必要なほとんどのものは、分量を間違えると命に危険が及ぶ。

・ストレスをためすこみすぎてもいけないが、適度な緊張は能力を高めると言われている。

・自分に自信がなさ過ぎても、ありすぎてもいけない。世界各地の刺激的なニュースも、見すぎにご注意。

・人はみな恐怖に包まれると、判断力が鈍る。

平和な世界は、上の世代がわたしたちにくれた、儚い贈り物だ。大事にしよう。

世界が平和でなければ、持続可能な未来を創るといった、崇高な目標は達成できない。

・世界が平和でなければ、ほかの分野でいくら進歩があったとしても、喜ぶことはできない。

・恐ろしいと思うことは、リスクがあるように「見える」だけだ。一方、危険なことには

確実にリスクがある。

・恐ろしいことに集中しすぎると、骨折り損のくたびれもうけに終わってしまう。

・使える時間や労力は限られている。だからこそ、頭を使わないといけない。

そして限られた時間や労力で、やれるだけのことをする。それができる人こそが、

最も慈悲深い人なのだと思う。

・何かの大きさや割合を勘違いしてしまうのは、私たちが持つ「過大視本能」が原因。

・過大視本能は、2種類の勘違いを生む。一つ目は、数字をひとつだけ見て、「この数字はなんて大きいんだ」

とか「なんて小さいんだ」と勘違いしてしまうこと。二つ目は、一つの事例を重要視しすぎてしまうこと。

・メディアは過大視本能につけこむのが得意だ。

・認識を切り替えるには、できるだけたくさん旅をすることだ。

・何事も自分が身をもって経験するのがいちばん。

・新しい証拠が出てきたら、心を開いて刷り込まれた思い込みを疑い、見直し、

自分が間違っていたらそれを認める勇気を持たなければならない。

・たいていは本能にだまされている。理屈があるようで、実はただの思い込みなのだ。

・知識はあっという間に古くなる。最新データを積極的に取り入れて、知識をいつも

新鮮に保つよう心がけないといけない。

・夢にまで見た晴れ舞台でここいちばんの講演をしたつもりが、自分が相も変わらず上から目線の

考え方にとらわれていたことに気づかされた。

・頭がいいからと言って、世界の事実を知っているわけではない。数字に強くても、

教育レベルが高くても、たとえノーベル受賞者でも、例外ではない。その道のプロは、

その道のことしか知らない。

・専門知識が邪魔をすると、実際に効果のある解決法が見えなくなる。

・物事がうまくいかないと、誰かがわざと悪いことを仕組んだように思いがちだ。

・誰かを責めたいという本能から、事実に基づいて本当の世界を見ることができなくなってしまう。

誰かを責めることに気持ちが向くと、学びが止まる。

・物事がうまくいっているときにも、犯人捜し本能はわき上がる。「誰かのせいにしたい」

気持ちは、責めるときも褒めるときも同じなのだ。

・本当に世界を変えたいのなら、犯人捜し本能は役に立たない。

・恐れに支配され、時間に追われて最悪のケースが頭に浮かぶと、人は愚かな判断をしてしまう。

・謙虚さと好奇心を持つことを子供たちに教えよう。

・謙虚であるということは、本能を抑えて事実を正しく見ることがどれほど難しいかに気づくこと。

・自分の知識が限られているということを認めること。

・堂々と「知りません」と言えること。

・新しい事実を発見したら、喜んで意見を変えられること。

謙虚になると、心が楽になる。何もかも知っていなくちゃならないというプレッシャーが

なくなるし、いつも自分の意見を弁護しなければと感じなくていい。

・好奇心があるということは、新しい情報を積極的に探し、受け入れるということ。

・自分の考えに合わない事実を大切にし、その裏にある意味を理解しようと努めること。

答えを間違っても恥だとは思わず、間違いをきっかけに興味を持つこと。

「どうしてそんな事実も知らなかったんだろう?この間違いから何を学べるだろう?

あの人たちはバカじゃないのに、どうしてこんなことをしているんだろう」と考えてみること。

・好奇心を持つと心がワクワクする。好奇心があれば、いつも何か面白いことを発見し続けられる。

・世界を本当に知ることができたのは、誰かと一緒に過ごしたり、話し合ったりした経験から。

・誰もが「自分は本能に支配されていた」と過ちを認められる空気を作ることです。そういう空気を

つくるためには、本能に支配されていた人や、本能を支配しようとする人を叩くことよりも、

許すことのほうが大事です。

 

クイズの正解はこちら

1.C  2.B  3.C  4.C  5.C  6.B  7.C  8.C  9.A  10.C  11.C

 

ここまでみてきました。今のあなたの現状において何かヒントになる部分は

あったでしょうか?そのヒントがうつを治すきっかけになると幸いです。

この本では各国のレベルを4段階に分けています。一番高いのがレベル4で日本はレベル4にあたります。

この本を読んで、日本に産まれてよかったと再認識できました。両親、ご先祖様に感謝です。

せっかくいい国にいるのだから、うつという暗いトンネルから抜け出し新たな自分と

向き合っていきましょう!

ニュースのことを書きましたが、落ち込みが激しい時はテレビを見るのも億劫かも

しれません。症状が軽い時はニュースを見ない方がよいかもしれません。

やっぱり、ニュースはほとんど悪いニュースばかりなので・・・どんどん

落ち込む原因を作り出してしまいます。

私も極力ニュースは見ないようにしていました。

さて、みなさんの中で、自分のことが嫌いだと思っている方はいますか?

私もずっと自分のことが嫌いでした。特にうつになっていた期間は最悪です。

しかし、今は自分のことが大好きです。うつは私を大きくさせてくれました。

みなさんも、苦しく、辛く、いろいろと悩んでいることと思います。

自分や誰かに対して何かを「思い込んでいるだけ」かもしれません。

うつになってしまった原因は何だろう?人間関係なのか、疲労なのか、

持病なのか、全くわからないのか。もし、医者があなたはうつではありませんよ。

と言ってくれていたら、どうだっただろうなど、いろいろと考えてみてください。

今一度、深呼吸をして自分と向き合ってみてください。自分の本当の心は何と言っているのか、

聞いてみると、新たな自分がみえてくるかもしれません。

「うつとこころのコミュニティ」でファクトフルネスのこの部分が参考になったなど、

いろいろと意見をお待ちしています。あなたの意見が他の方の役に立つかもしれません。

よろしくお願いいたします。

「ファクトフルネス」Amazon

「ファクトフルネス」楽天

 

 

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
相談者や他の回答者が気持ちよく利用できるよう良識あるコメントを心がけください。